浮気調査の料金プランについて

探偵事務所の浮気調査では、複数の料金プランが存在することがある。ある探偵事務所の料金表を見ると、「浮気調査1件 ○○万円」と具体的な金額を表示しているが、実際にその探偵事務所へ見積りをお願いすると、料金が細かい項目で別れていることがあります。
そこに疑問を感じたことがある人もいると思いますので、今回はこの浮気調査の料金プランについて少し紹介したいと思います。

浮気調査にかかる料金の仕組み


浮気調査といっても依頼をする人によって調査の状況は違います。依頼をする人によっては、既に決まった日時で調査をしてもらいたいという人から、決まった日時が無いという人もいます。
そのため、ほとんどの探偵事務所が調査の最低調査時間を設けて調査をおこなっています。
この最低調査時間は、各探偵事務所で違いますが、だいたい20時間から30時間程度で、探偵事務所はここで定めた時間を最低でも調査をしますよといった約束になります。
また、実際に調査では調査員が担当しますが、この調査員の人数も2名だったり4名だったりと、調査員の人数を増やしたり減らしたりすることができるのですが、探偵事務所の中には必ず2名以上で調査を行うといった取り決めをしている場合もあります。
では、これらの取り決めや約束が、浮気調査を依頼する人にとってどのような影響が出るかといえば、20時間よりも短い時間で調査をしてもらうことが難しい。調査員の人数を極端に少なくして調査にかかるコストを減らすことが出来ないといった点があります。
参照:浮気調査を依頼する時に、比較したい項目まとめ

浮気調査の成功報酬と諸経費


浮気調査を依頼すると、成功報酬と諸経費についての説明を受けると思います。
成功報酬はそのままの意味で、浮気調査が成功したときに探偵事務所へ支払う報酬のことです。いっぽうで諸経費とは、調査にかかった出張費、機材の使用料、交通機関の交通費などの費用のことです。
ここで注意してもらいたいのは、成功報酬を支払うための浮気調査の成功条件と、どこまでが諸経費として含まれるのかという点です。
極端な話ですが、成功報酬は浮気調査を行ったことを「成功」として、たとえ浮気の証拠が手に入らなくも成功報酬を支払うハメになったりする場合があります。
諸経費は、諸経費として含まれる項目がいったい何なのか、調査員の宿泊費や食事代等を諸経費として計上されるなんてことも考えられます。
参照:浮気調査の料金の計算方法とは

浮気調査の料金を見る際には、これらの項目でどこに注意をしなくてはならないのか事前に知っておかないと、依頼をする側にとって不利な契約を結ばれている可能性もあるため、必ず契約内容の確認をしなくてはなりません。

inserted by FC2 system